スライド網戸の設置・調整について

引違い窓に設置するスライド網戸の設置方法について説明します。ドライバー1本で作業できるので一般の方でも問題なく設置できます。

網戸を建て込みましょう。


スライド網戸は室外側から網戸を上からレールに差し込みます。下の外れ止めが機能していると戸車が邪魔になりうまく建て込むことができませんのでご注意ください。戸車が出てしまっていたら押し込みながら戸車を外側にスライドさせると網戸のフレーム内に納まります。
※サッシの一番外側の突起部分に網戸を設置します。

網戸の上部の外れ止め

網戸をレールの上に設置出来たら外れ止めを行います。網戸上部分の外れ止めは左の説明をご覧ください。ネジを緩めて外れ止め部品を上にあげ適度な位置で再度ネジを締めれば固定できます。目安は2~3㎜とありますが外れ止め部品を上げすぎると動きが悪くなりますので網戸がスムーズに動く範囲で問題ありません。

網戸の下部の外れ止め

網戸の下部分にボタンのような突起があるので押すと戸車がバネで飛び出るような仕組みになっています。上下の外れ止めにより強風時でも網戸が落下したり外れることはほとんどありません。
※特に二階部分の網戸は必ず外れ止めを行うようにしてください。

網戸の建付け

網戸の下の横にネジが2つあります。より戸車に近い下のネジが戸車調整のネジです。このネジを回転させることで戸車を出したり戻したりすることができます。網戸設置後、右側に寄せてサッシ枠と垂直か確認してみましょう。右に回転させると戸車が出てきます。左に回転させると戻ります。左右の戸車の高さを調整して網戸の枠と垂直になるように調整してみてください。

© 2017 自笑堂の網戸ショップ